トップへ » 歯科医療のホントのこと » ミラクルデンチャーの魅力 » 保険の入れ歯とは、まるでフィット感が違う。ミラクルデンチャーの魅力。

保険の入れ歯とは、まるでフィット感が違う。ミラクルデンチャーの魅力。

入れ歯になると、食べ物が美味しく味わえなくなる、噛めないものが出てくる、と思っていませんか? でも最新技術によって、そんな欠点をなくした部分入れ歯が生まれました。

ミラクルデンチャーの魅力

自分の歯では噛めたものが、入れ歯にすると噛めなくなる。食べ物が入れ歯と歯ぐきの間にはさまる。ほとんどの人が入れ歯に対して、そんなイメージをもっていることでしょう。

しかも入れ歯は、使っているうちにどうしても合わなくなってきます。なぜかというと、歳とともに歯ぐきも痩せてきますし、入れ歯にも歪みなどが出てくるからです。自分の歯のように噛める入れ歯があったら......というのは、入れ歯を使っている誰もが感じていると思います。

保険診療の入れ歯には限界がある
当院では、初めて入れ歯を作るという患者さまには、まず入れ歯がどんなものなのか知ってもらうために、保険診療での入れ歯製作をお薦めしています。保険診療で製作した入れ歯が決して悪いものではありません。これを快適に使われている方もたくさんおられます。しかし、入れ歯はお口の中に異物を入れるわけですから、どうしても違和感があります。とくに保険診療の場合はさまざまな制約から、自然な歯のようにフィットする入れ歯を作るのは難しいといえます。

どの歯科医師も、保険診療だからといって型も取らずに入れ歯を作ったり、調整もせずに入れ歯をお渡ししたり、ということはありえません。当院でも快適に使えるようにと、出来る限り調整します。ただ保険診療の入れ歯は、微妙な調整がしにくく、違和感も大きいため、なかにはお口の中に入れただけで痛みを訴える患者さまもいらっしゃいます。そして、使っているうちに、ずれたり動いたりしてしまうものなのです

補綴(ほてつ)を学ぶうちに、巡り会ったミラクルデンチャーミラクルデンチャー
当院の院長は、できるだけ違和感のない治療をという志から、補綴について長年研究を続けてきました。その過程で出会ったのがミラクルデンチャー。ミラクルフィットという組織で固定する、今までとはまったく違った形の新しい部分入れ歯でした。

ミラクルフィットは部分入れ歯といっても、歯が1本でも残っていれば装着できます。またブリッジなどと違って、残っている歯に負担をかけることがありません。体質などの理由でインプラントが受けられないといった方でも大丈夫なので、幅広い世代の患者さまから支持を集めています。

ミラクルデンチャーの特徴
・装着しているときの違和感がまったくないか、ごくわずか
・残っている自分の歯が1本でもあれば、どんな状態でも製作できる
・残っている歯との差異が少なく、食べられないものの制約がほぼない
・見た目に美しく、つけていることがわかりにくい
・歯ぐきに密着するので、隙間にものがつまりにくい

今までの部分入れ歯と違い、つけているほうが自然に思えるほど違和感がないので、口元を気にする必要がなく表情が明るくなるといった声もあります。

インプラントより金銭的な負担も少ない
ただ、ミラクルデンチャーは自費診療になるので、保険診療よりも医療費がかかります。ただ、インプラントと比べればかなりの安価で仕上がります。残っている歯にかける負担が少なく、圧迫感や違和感もほぼないので、24時間つけっぱなしにしていても気になりません。もちろん保険診療で作りたいという患者さまもいらっしゃるので、決して無理にお薦めすることはしません。

ミラクルデンチャーの詳しい内容はこちら「入れ歯治療」


トップへ » 歯科医療のホントのこと » ミラクルデンチャーの魅力 » 保険の入れ歯とは、まるでフィット感が違う。ミラクルデンチャーの魅力。


コールバック予約

PAGE TOP