トップへ » 治療について » 歯周病治療

歯周病治療とは

歯周病の治療は対症療法だけでは得られる効果が少ないです。お口の中を除菌して、歯周病の原因を断ってしまうのがよい方法だと、当院では考えております。

歯周病

歯周病は、歯と歯ぐきの間などに歯周病菌が入り込んで、炎症を起こす病気です。その治療法を簡単に説明すると、つまり「お口の中の除菌治療」。ただし、菌の種類によって効く薬などが違うので、まずはお口の中にどんな菌がどれだけいるのかをきちんと把握しなければなりません。

病気になったとき、検査をして原因をつきとめ、それを取り除くというのはごく一般的な治療法です。ところが少し前までの歯周病治療では、原因をなくすお口の除菌より、炎症や痛みを治める対症療法が主流でした。これはなぜなのでしょうか。

歯周病治療のポイント

歯周病・お口の中にどんな菌がいるのかを調べる。
・菌を特定して、それを除菌する薬を内服する。
・除菌薬剤や歯磨き剤でのブラッシング。
・除菌後の歯石除去。

歯周病で活躍する位相差顕微鏡
お口の中にどんな菌がいるのかは、位相差顕微鏡を使って調べます。近年は、患者さま自身にも自分のお口の中がどんな状態なのかを知っていただくため、位相差顕微鏡の映像を使ってカウンセリングすることが多くなってきました。当院でも位相差顕微鏡を使っています。

「人間の口の中にはさまざまな菌がいっぱい」ということを知識として知っていても、実際に映像を見るとびっくりされる方がほとんどです。でも、お口の中の状態を詳しく知ることが治療の第一歩。そして患者さまそれぞれの症状に合わせてお薬を出していきます。

歯周病菌のDNA検査(リアルタイムPCR法)
位相差顕微鏡で細菌がいることを確認したら、歯周病菌の種類と数を検査します。

【当院の歯周病治療】レーザーによる歯周病治療「LAPT」

歯周病LAPTとは、アメリカ西海岸で生まれたレーザーを使った歯周病の治療法です。ダイオード(半導体)レーザーを使用し、歯周病の原因である細菌を減らしていきます。

レーザー光を照射することにより、歯周病細菌を減らし、その後、炎症を起こしている組織を除去していきます。そうすることで、歯ぐきの再生や回復を促します。


トップへ » 治療について » 歯周病治療


コールバック予約

PAGE TOP