トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みのない治療 » 痛みを感じさせない無痛治療

痛みを感じさせない無痛治療

当院ではさまざまな機器や技術を使った「痛くない治療」、なるべく歯を削ったり抜いたりしない「体にやさしい治療」を心がけています。

痛みのない治療

歯医者の治療は痛いものだと思いこんでいませんか。違和感を覚えたときすぐに治療すれば簡単に治るのに、「歯の治療は痛いからイヤ」と思って我慢しているうちに、取り返しのつかない事態になってしまうこともあります。

当院が心がけているのは「痛くない、体にやさしい」治療法。まず「歯の治療は痛いもの」という先入観をなくして、気軽に来院してもらえるようになってほしいとの思いからです。また、体になるべく負担をかけないように、抜かない「床(しょう)矯正」、金属アレルギーに配慮した「メタルフリー修復」、できる限り薬剤を使用しない治療などに取り組んでおります。

注射の痛みを和らげる表面麻酔
麻酔とは、治療するときに痛みを感じないようにするために行うものです。でも、その麻酔注射自体が痛かったら......。これでは「歯医者は苦手」と思われてしまうのも無理はありません。

当院ではまず、歯ぐきの表面に塗るタイプの麻酔薬を使います。このような表面麻酔をすることで、注射針の痛みを和らげることができるのです。

細い注射針で痛みを少なく
麻酔注射の痛みを和らげるポイントとして、できるだけ細い針を使うということも大切です。しかし針が細くなればなるほど、大きな力をかけないと麻酔薬が入っていきません。つまり、歯科医師のテクニックが必要になってくるのです。

当院で使っている注射針は、33ゲージと呼ばれる極細タイプ。しかも、できるだけ痛みを感じないように、電動麻酔よりも低スピードで、ゆっくりと麻酔薬を注入していきます。麻酔のテクニックは、それだけではありません。顔のちょっとしたポイントを押さえる、患者さまに話しかけて麻酔から意識をそらしていただく、といったことで麻酔の痛みは軽減できるのです。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みのない治療 » 痛みを感じさせない無痛治療


コールバック予約

PAGE TOP