トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みのない治療

痛みを感じさせない無痛治療

当院ではさまざまな機器や技術を使った「痛くない治療」、なるべく歯を削ったり抜いたりしない「体にやさしい治療」を心がけています。

痛みのない治療

歯医者の治療は痛いものだと思いこんでいませんか。違和感を覚えたときすぐに治療すれば簡単に治るのに、「歯の治療は痛いからイヤ」と思って我慢しているうちに、取り返しのつかない事態になってしまうこともあります。

当院が心がけているのは「痛くない、体にやさしい」治療法。まず「歯の治療は痛いもの」という先入観をなくして、気軽に来院してもらえるようになってほしいとの思いからです。また、体になるべく負担をかけないように、抜かない「床(しょう)矯正」、金属アレルギーに配慮した「メタルフリー修復」、できる限り薬剤を使用しない治療などに取り組んでおります。

注射の痛みを和らげる表面麻酔
麻酔とは、治療するときに痛みを感じないようにするために行うものです。でも、その麻酔注射自体が痛かったら......。これでは「歯医者は苦手」と思われてしまうのも無理はありません。

当院ではまず、歯ぐきの表面に塗るタイプの麻酔薬を使います。このような表面麻酔をすることで、注射針の痛みを和らげることができるのです。

細い注射針で痛みを少なく
麻酔注射の痛みを和らげるポイントとして、できるだけ細い針を使うということも大切です。しかし針が細くなればなるほど、大きな力をかけないと麻酔薬が入っていきません。つまり、歯科医師のテクニックが必要になってくるのです。

当院で使っている注射針は、33ゲージと呼ばれる極細タイプ。しかも、できるだけ痛みを感じないように、電動麻酔よりも低スピードで、ゆっくりと麻酔薬を注入していきます。麻酔のテクニックは、それだけではありません。顔のちょっとしたポイントを押さえる、患者さまに話しかけて麻酔から意識をそらしていただく、といったことで麻酔の痛みは軽減できるのです。

カウンセリングを通して不安を取り除く

痛みのない治療「歯医者が苦手」という意識がある方は、治療となると必要以上に緊張してしまうものです。また、歯に意識が集中するので、痛みもひときわ強く感じてしまいます。「痛みのない治療」のためには、患者さまの不安をとりのぞくことがなによりも大切なのです。

どうしたら患者さまの不安を払拭できるのかを考えた結果、カウンセリングに時間をかけてじっくりと行うことにしました。カウンセリングを通じて治療内容をきちんとお伝えし、納得した上で治療を受けていただけるように配慮しています。

コミュニケーションを大切に
もちろん、こちらの話をお伝えするだけでは、不安が払拭できるとは限りません。なによりも大切にしたいのが、患者さまのお話を聞くこと。なにか疑問に思っていることはないか、なにが不安なのか、じっくりとお話を聞くことで、ひとつひとつ解決していければと思っています。そういったコミュニケーションが、患者さまとの信頼関係を築くのではないでしょうか。

「歯医者の治療は痛い」と感じている患者さまの中には、治療で痛い思いをした経験があるはず。そのお話を詳しく聞くことで、なにをしたら痛いのかをきちんと把握してから治療を行います。カウンセリングを通じて、「歯医者の治療は痛い」と思うきっかけになったトラウマがなくなれば幸いです。

抜かない治療

痛みのない治療当院では、人は持って生まれた歯で過ごせるのが、一番の幸せだと考えています。インプラントのように優れた技術で作られた義歯であっても、生まれ持った歯には敵いません。だからこそ、できるだけ抜かない治療を行っています。

歯が残っているといっても、ときには根が緩んでぐらぐらになっている場合もあります。そんな状態であっても、決していらない歯というわけではありません。ぐらぐらの歯でも、その1本が入れ歯の支えになることもあります。患者さまの「抜きたくない」という思いに、できる限り応えていきたいと思っています。

抜くかどうかを決めるのは患者さま
歯科医師であれば、歯を抜こうと思えばいつでも抜けます。でも、一度抜いてしまった歯は二度と戻ってきません。いつでも抜けるからこそ、できるだけ残したいと思うのです。

それでも、どうしても抜かなければならない症状もあります。そのときには、なぜ抜いたほうがいいのかを患者さまにきちんと説明します。患者さまが納得されなければ、決して抜くことはありません。歯を抜くか、残すか、決めるのは患者さまご自身なのです。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みのない治療


コールバック予約

PAGE TOP